お前ら、待てよ!(ミラー・リング)

講談社の『Ζ BIBLE』を買い込んできて、チクチク読んでるんですが……いや、劇場版Ζの副読本はこれ一冊で十分ですよ。これ以外いらない。
ホントは飛田展男インタビューが読みたかっただけだったんだけど、収録インタビューでつぎからつぎから「……お前ら、待てよ(苦笑)」みたいな発言がポンポン出てきてすごい笑える本になってます。さすが氷川竜介、という話なんでしょうが、プリプロダクションとかポストプロダクションも含めてアニメーションの制作を”なめて”網羅してあってなんか凄く詳しいひと、通のひとになったような気分になれる半可通には最高の一冊です……ん?
いや、やっぱり「Ζって当時全然評価されてなかったんだけどなぁ(苦笑)」っていう本ではあるんですが……トミノ監督の、恐ろしいほどの自負と、それを裏打ちする情熱と実力が滲み出てくるいい本です。……あ、そうね、ガンダムの本じゃないのね、これ。トミノ監督と仲間たちっていうか、アニメの本というよりは映画の本の文法……かなぁ。ひひひ。
だからΖガンダムヒストリカは買うのやめた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック