お前ら、待てよ!(真夜中のカウボーイ篇)

いや、みたことないんだけど。カウボーイ・ビバップの”カウボーイ”もやっぱイメージあるのかね。
で、実はタダのメモ。
子供の頃、じつはあんまり興味のなかった(保守的なので新しい番組は苦手だったのだ。やなガキだ)ガンダムに転んだ理由3つ。
・熱出してひっくり返るブライト
・ギレンの演説
・ジオング
あとはあとから好きになったんだよな。
シャアなんかはΖのときも好きになれなかったしねぇ……まぁ、クワトロ大尉がカッコいいと思ったらそりゃおかしなヒトだけど(苦笑

だからパーフェクトジオングはサッキー竹田の奥の手としては面白かったけど「ジオングはこうじゃなくちゃ」というヒトは何もわかっちゃいないんだと思うのだ。いまでも。
「現状で100パーセントの能力を発揮できます!」
頭だろうが足だろうが飾り扱いしてはばからないのがカッコいいのに。それがトミノ監督のスゴいところなのに。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック