お前ら、待てよ!(DVD版)

「恋人たち」の公開に先立ってDVD版「星を継ぐもの」を視聴。
(いや、リバイバル上映に行こうかとも思ってたんだけど……負傷でね。うそ。予算の都合)
で……まさか、今更グイグイ引き込まれちゃうとは……
なんでこんなにストレスなく観ることが出来るんだが……というくらいホントに気持ちいいね、この映画。
敢えて言うと、実は流石にギャプラン~アッシマーのあたりはダレかねない(アムロがでてくるまでね)のだけれど完全新作の最高のロボット戦のおかげで、そのへんもクリア。スゴい。

で、見返して自分でビックリしたんだけど、上映当時のボクはじつはテレビ版の映像をほぼ完全に憶えていたことが発覚。イチイチ「あ、ココはこう変えたのか」と思いながら観ていたのだ。無意識に。

ちなみに今回観たら、以前の画面はもう思い出せない部分がいっぱい……もうテレビ版を見返すことはないのだなあ……と再確認。
だって絶対こっちの方が面白いよ。
あの大味な戦闘シーン(フランクリン大尉からみのあたりとかジェリドが来たよ、カミーユとなぜか一対一でごちゃごちゃしてるよ……という感じでしょぼくて仕方なかったし……ア・バオア・クー攻防戦を観たあとで、あんな散発的な戦闘……ジャブローのMK-II VS マラサイとかジャンプした~転落した~の繰り返しで面白くも何ともなかったので、当時大いに失望した)が、なんか手に汗握る展開になってるし……単純にアニメーションを楽しむ上でも、もうテレビ版は観てられないのだ。
ホントにトミノマジック。

正直、これで「恋人たち」が全然だめでも、まあ、いいよ。「星を継ぐもの」を生み出す為に、三部作としての企画、が必要だったんだから。とか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック