お前ら、待てよ!(回想)

語ろう!Ζガンダム』をボチボチと読む。

冒頭の福井晴敏インタビューで『星を継ぐもの』について「シャアとアムロの映画」という捉え方をしていて……世間的には、そうなのかな?とちょっと不思議に。
あの映画ではシャアにせよ、アムロにせよ、TV版と違って完成された(もう成長しない)人格として登場してくるから、むしろバイプレイヤーとして役割を全うしているように思っていたので……
特にアムロは、カミーユがジタバタやっているのとは別次元の無敵っぷり(うじうじしてるシーンがないからなおさら強調される)で、その強さが却ってドラマの中ではキャラクターとしてのアムロを背景事情として埋没させていて、これは上手だなあ……とか思ってたのよね。で、強さの根拠が、戦場の組み立てを完全に理解しているからだ、というのがホノミエルというか。
で、それも『逆襲のシャア』でヒーローとしてのアムロ・レイを描いておいたおかげで割り切れたかな?というか、演出の手法のレベルで迷いがないおかげかなあとか、ああ、じゃあ、これだけの間があってΖの再編集版を作ったのが、奏効したかなとか。
思ってたんだけどねえ。

世間的なものの見方とはずれていくのかなあ……

『恋人たち』は、フォウとカミーユの話にあまりにも話題が集中している印象で、『語ろう!Ζガンダム』巻末の富野インタビューで監督が苦悩している部分まで突っ込まれてない気がする。
あの映画って、ボクはTV本編と比べれば遥かに整理されているし、どこのシーンから見出してもグイグイ引き込まれる絵作りをしているから、面白い映画になっていると思うわけだけど……それは無意識に3部作の第2部だと思って見ているから、説明不足と云うか尻切れとんぼ的なところを許してしまっているのかなあと……あと、そこらへんの1本の映画としての物語の完成度……の部分はTVシリーズでストーリーの基本を散々予習しているボクにはもう、客観的に評価できないんだよね……

まあ、実際にΖガンダムってモビルスーツがとにかく印象も実力もダメダメなのは……大問題だけど、まあ、これは元の話でもそうだったからどうしようもないんだよな……
それでもコロニー落しのシークエンスとかメガバズーカランチャーの戦術上の位置づけとかTVでは結構適当だった部分(設定はあるのに)がちゃんと演出されて絵作りされているので、メカものとしては上等だと思うのです。
あ、あと、サブフライトシステムね、あれは『星を継ぐもの』のフライングアーマーを含めて、扱い方がホントに上手になってたなあ。うまく戦闘の中で生きている。第三部でシャクルズが出てきたときにどうなるか?がたのしみ。

ええと、本の話に戻りますが、なかでは「ゆかな」インタビューが、富野監督のいわゆる「だめだし」が実際どんなもんか?がわかったり、スタッフ/共演者にとっても島津冴子降板がショックだったことがわかったり結構興味深いです。

まあしかし……フォウっていかにもなカキワリ的キャラクタだったのを島津冴子の演技で人気者になっちゃったキャラだとしか思っていないので、こんかいのゆかな起用はむしろ、当初の演出プラン通りだとおもうのだけどねえ……と、いまさら。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

サブフライトシステム
Excerpt: サブフライトシステムサブフライトシステムとは、アニメ作品の「ガンダムシリーズ」に登場する、架空の兵器の名前。モビルスーツを補佐する一部の兵器の総称。.wikilis{font-size:10px;co..
Weblog: ガンダム登場兵器集
Tracked: 2006-02-01 04:49