お前ら、待てよ(中間報告篇)

やっと首と胸だけ組み立てたガブスレイ。
なんか、内部を再現してるグレーのパーツが一様に細かいので、妙に神経を使うキットだなあという印象……まあ、冷静に考えると元々ガブスレイって可成り線が細いデザインなので、細かいパーツが増えるのは当たり前なんだけど(そうじゃないと魅力台無し)。

で、また怪我をしたよ。
ここんとこHGUCを作るたびに必ず怪我をするんだけど、ようするにABSのパーツのゲートの処理をしようとして、ナイフが滑っちゃうのね。
もちろん、たんなる不注意ではあるんですが、ABSのパーツのゲート処理が終わった頃には手がこわばってくるんだよなあ……強度とディティールを両立する手だてとしては理解できるんですが、なんとなく納得できないのでした。

外見については……強いていえば、動力パイプのモールドの一体化が結構目立つかな。昔と違って工夫した彫刻になってるから組上げてしまえばそれほど気にはならないと思うけれども。

しかし、ガブスレイのアタマって……カッコいいんだけど、ちっこいよなー。

いや、とりあえず怪我したから中断しちゃった、てへ♪ ッて書きたかっただけ。それだけ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック