この世に悪がある限り

画像「ヤッターマンがいるかぎり!」「この世に悪は栄えない!」(ヤッターマン1号・同2号/ヤッターマン)

いまさらながら、ヤッターマン実写映画化だそうで、資料なしで描いてみたよヤッターマン。1号が明らかにオマケ。
で、たぶんみんな、ヤッターマンじたいより、3悪は誰が演じるのか?の方が気になってるんじゃないかと(笑)

しかし……『どろろ』の実写映画化もなんだかなにかんがえてんだ?ってなかんじだけど、ヤッターマン?
ガッチャマンの方はまだわかるけど、こっちはこっちで『ジェットマン』の方が良かったとか云われないようにがんばって欲しい(苦笑)

どろろって、ゲゲゲの鬼太郎おおあたりで妖怪ブームになったのを受けて手塚先生がしたためた作品なんだけど……ネタとしては面白いとは思うんだけど、冷奴先生なら、カラー版のときにドロロンえんま君(これもリメイクするんだそうで……)、安孫子先生なら白黒版のときに「怪物くん」を描いたというのに、なんであんな話を作るのか……。
手塚先生はブームを当て込むと変な作品を作るのだなあ。

ついでにアニメの感想。
『DERKER THAN BLACK ~黒の契約者~』
岡村天斎監督の最新作ということで期待してたんだけど……ええと、ネタ的にはちょっとまあ、いまとなっては、ありきたりなんだけど、話の進め方とか演出が丁寧な印象で、ああ、これは見逃したくないな、と思ったよ。流石だなあ。
つうか、岡村監督というのは、別に、変わった話をとる監督じゃないんだもんな。

『コードギアス ~反逆のルルーシュ~』
一応、時間帯があってる時はちゃんと録画してみてたので、7割くらいは観てるはず……で、最終回がレギュラーでは放映できなかったのはやっぱりえぐ過ぎた?
リヴァイアスとかで谷口監督がスキになったヒトには、キャラが取っ付きやすくなったのもあって、大喜びだろうなあ。
谷口監督ならではのとことんまで予定調和の裏を辿り続けるストーリーは流石とは思うけど、やっぱしんどいなあ……プラネテスの終盤をあんな展開にする監督なのであたりまえといえばあたりまえか。
とことん楽しい話を撮らせてもスゴく上手なひとなんだとおもうだけになんだか複雑。悲劇は基本的にみたくないのです。

『地球へ……』
ううむ。逆に今見てもテーマがゲンジツに対して古びてない(演出とか描写とかじゃなくてね)のだよなあ。
なんか世の中って悲しい。
超人ロックとかも一番古いのを今読んでも(絵柄以外で)抵抗は感じないのだよな……。
SFは……未だに未来のブンガクだなと。

『ゲキレンジャー』
なんか臨獣殿側の方ばっかりドラマがある印象が……赤いのがバカ過ぎたか?
ミキノコもゲストで終わりかよ!!
まあ理央さまの今後が展開のキーなんだろうけどねえ。

『電王』
うーん……なんていうか、もう、電ライナーないのバカ話だけでいいようなきもする。
というか、今の時代、バトルものてスゴく作りにくいのかなあ……。
そういういみでは響鬼はバトルそのものには無理はない印象だったんだけどねえ……。
もうちょっと商品がうれる企画だと話も違ったのかなあ……。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック