感想:ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

豪快に雨の降る中、親子連れの皆さんに混じってみてきたよ、スーパー戦隊勢ぞろい映画。
例によって、ネタバレありの敬称略にて感想。
§
でまあ、どうしてもつい先日公開だった、ライダー勢ぞろい映画と比較しちゃうんだけどね。なんだろう、単独ヒーローはやっぱりひとりひとりの重みがありすぎで、こういう勢ぞろい映画をつくると、ひとりづつになんとか見せ場を作ってあげなくちゃいけなくなるので、尺のバランスを取るのが難しかったんだなあ、と改めて思ったかな。
戦隊はそもそもが集団ヒーローだから、かなり見せ場を省いちゃっても、一部のヒトだけにスポットライトがあたってても、そもそもそれはそういうモノなので、思い切って端折ったりできてたような。
なので、画面を埋め尽くすヒーローの群れ、という圧迫感のある絵面に相反して、お話自体は結構すっきりした印象。いつものVSシリーズと同じくらいの比重?
もっとも、ガオレンジャーのときのオール戦隊集合のときはここまでスッキリしてなかったから、これは今回のスタッフがよくよく練り込んで作ったってことには違いない。
§
その辺がうまくいってたのも素晴らしいけれど、これはTVでもそうなんだけど、ホントにゴーカイジャーの殺陣は豪快でスカッとする! 劇場版でお金も手間もかかってる分、さらにスカッと。それだけで嬉しいのだけれど、冒頭のレジェンド大戦での各戦隊の立ち回りが「あ、そうそう、あんなかんじ!」ってな雰囲気がしっかりでてて、これもみててスカッとした。「…は、あんな立ち回りしない!」ってのが気になってるとやっぱツマンナイもんねえ。
§
お話自体はわかりやすいというか、まあ、予告編そのものなんだけど、話のキーになる人物がホントに今回限りで二度とでてこないこと前提の一般人のゲストとガキンチョなのがいかにも戦隊らしい。いやまあ、望くんもいたけどさ。
§
ひとことでいって、最高の子供向け映画のひとつだったんじゃないかなあ。
§
その他もろもろ。
§
レジェンド大戦って、結構前の話かと思ってたら、望くんが中学生になるまでのごく最近のはなしだったんだなあ。
と、なると、赤い海賊団やってた時期ってのも2~3年? 意外と短い。
§
どなたかTwitterでもいってたけど、カブトライジャーは何気にそこに混ざっちゃダメじゃん、っていうか、変に目立ってておかしい。最後までねばってたねえ、
§
それで正しいのかもしれんが、シグナルマンって、あんたは戦隊の一員じゃないじゃないか! と、おもうんだよなあ。ポジションとしてはシティガーディアンズとかわらないきがする。まあ、元気そうでよかったが、じゃあ、レジェンド大戦のあとはどうしてたんだろう。一切変身しないんだけど、あのかた。
§
アカレンジャーが年取ってるのが、妙に自然というか、ライダーとかウルトラマンが年取ってるのは違和感あるけど、ゴレンジャーとかの普通の人の戦隊だとむしろとしとってないと変だということが確認できた。
ジュウレンジャーとかは年取るとガッカリだけどねえ。
§
チーフはしかしホントにえらそうだなあ。いまもむかしも。
§
大葉さんはいいな。なんかでてくるとホッとするよね…
§
あえていうと、黒十字王がやられたあと、バカ王子さんご一行にもう一度小芝居してほしかったかな。そこだけ残念。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック