感想:宇宙刑事ギャバン the MOVIE

ギャバン観てきた、ギャバン。
例によって、ネタバレあり、敬称略で感想
§
なんか、客層がバラエティに富んでてビックリ。
女の子ふたり連れできてて、来場者プレゼントのレーザーブレードもって、ふたりして、シャイダーブルフラッシュ(横薙ぎ)してたのが可愛かった。いいもん見た。
§
で、大葉健二最高。
ボンネット転がって運転席に回り込む、無意味だけどカッコイイアクションとか、腰の入った殺陣(新ギャバンも頑張ってたね)もだけど、こう、ああ、三十年後のギャバンってこうなんだろうな、という感じがすごく出てて、このギャバンと並んだら、新ギャバンのキャラクターが急に生きてきた感じ。
太陽にほえろ!の若手刑事のノリだったのか!っていう。
伊達さんにしかみえないシャイダーとか、ニヒルなのか、普通にイケメンなのか、全然、キャラクターを立てる尺もなかったシャリバンとかだけど、いくらなんでも隠居しろよ的な(ギャバンが現場に出たがって仕方なく引退先延ばしにしてるのか?)コム長官と、ゴーバスターズ客演のときと違って、ぐっとイキイキしてた森田涼花も含めて、コレで刑事部屋ものってもみてみたい。
§
特撮もハデでよかったかな。ドルはゴーカイジャーの時の方がかっこ良かったかも…?
あ、逆回しの殺陣がなくてちょっと残念
§
ただねえ。
この映画ってさ、誰にみて欲しかったのかなあ?
子ども向けにしちゃ新ギャバンが最後まで弱いまんまだし(いや、もう、大葉健二が強すぎるんだと思うけど、弱い。とにかく弱い。まぁ、まだまだ半人前なんだから当たり前っちゃ当たり前だが)、大人向けとしては…ちょっとねえ。
なんだか座り心地が悪い映画だった。
冒頭のサイドカーレースもなんか、本編と絡んでこないし(サイバリアンつながりはわかるけどさ…)、ラストも親友君があんなことになったにしちゃ、吹っ切るの早すぎないか(もう何年も二人とも彼が重荷で仕方なかったってことか。そりゃ、彼もドン・ホラーにそそのかされても…)
§
とはいえ、ギャグに逃げず、ちゃんと作っていたので。
HOPEで火星に行っちゃっても許そう(ていうか、火星近傍まであれ、半日くらいでたどり着いてるよね?)
ただ、カッコイイのはわかるけど、EDは星空のメッセージじゃないかなあ…(結局文句いう)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック