感想:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

みてきたヱヴァQ
例によって、ネタバレあり、敬称略で感想。
§
でまあ、いきなりヱヴァQの感想書くと、ネタバレ踏む人がまんいちいちゃいかんので『巨神兵東京に現る』の感想から。
正直、細かい違いとか全然気がつかなくて、メイキング見たあとでは初めて見るので「ああ、ほんとだ、あの仕掛けだから、あんな風に崩れるんかー」とかそんなとこばっかり(笑)
ただ、全体として、あれだなあ、やっぱり、東京までいって、現代美術館でみたときのほう、変な臨場感はあったかも。
東京でウルトラマンみてたひとと、地方でウルトラマンみてた人って、感想、違うんじゃないかなあ…特に、新マン以降。
そのでんでいくと、ガメラとかスペースゴジラも、福岡市でみたのと、よそでみたときの印象、ちがうんだろうね。
§
じゃあまあ、ヱヴァQの感想。
ひとことでいうと「絶望的に面白い」。
なんだろね、久しぶりに、テレビで毎週みてた頃、なんで毎週、テレビのまえに噛り付いてたのか思い出した感じ?
ようするに、視聴者の期待を半ば以上、悪い意味で裏切られて、なんか悔しいんだけど、ヒキの手品でつぎが気になって仕方なかったっていう、あれね。
もう、冒頭、なにがどうなったのかさっぱりわからんまんま、だれも説明してくんないけど、映像の勢いで観るのをやめられない!っていう展開が最後までつづいたんで、大満足。
概ねスジは実は最終回とか「Air/まごころを、君に」のそれをなぞってるんだけど…まるっきり違うハナシをドカンとはじめるっていうのは想像できなかったもんなー。
§
突然、再突入ミッション!はテレビの先行放送でみて、もう、みるしかないと思わせた段階で成功だけど(宇宙での活動の描写の執拗さが、王立宇宙軍のときのソレを連想させて、また、カッコ良い。架空の宇宙活動の描写で、あれほどそれっぽいのは、もう出てこないんじゃなかろうか)そこから、Νノーチラス号のテーマまで、一切、説明抜き!
シンジがわけわかんなくて、狼狽えるあたりが、視聴者に「いま状況わかってないあなたが正解なんでもうちょっと待ってね!」ってちゃんとわからせてくれて、安心。
このへんの丁寧さがアレとかコレとかには足らないよなあ、というか、ちゃんとできてるから、みんなひっかかるんだよな、というか。
脚本には穴はあけといていいから、ちゃんと演出すれば落ち着いてみてられるんだなあというか。
§
だから、今回「も」ひたすら理不尽にシンジが責められ続ける展開にむしろ、安心してる部分すらあったけど、アレはヒドイよね(笑)
ミサトとか焚きつけてたじゃん、アスカはともかく、ミサトにだけは怒られる筋合いねえよな(笑)
アスカはアスカで、まあ、ヒドい目にあったし、本人のしらない間に起きたことだから、伝聞だから納得できないのもわかるけど、あんたはアラサーで大人じゃん、シンジにとっちゃアレは昨日のハナシで、というか、シンジ、ほんとに「ガキ」なんだから容赦しろよっていう。
でも、あの理不尽さで追い込まれていくからエヴァよねえ。
ヱヴァ破のぬるま湯展開もスゴくすきだったんだけど(学園エヴァ好きだったし)ね。
§
まぁ、破で綾波を救った展開は、シンジが責められるのは正直絶対におかしいけど、今回はカヲルのいうこときこうよ、的なことはかんじたかなあ。でもまあ、じつは綾波も救われてませんでした!となるとねえ。
焦るというか、切羽詰まるのはしかたなくもある。
にもかかわらず、責められ続けるのは「やりなおす」ことへの言及とともに、庵野秀明の今の心境そのものなんだろうなあと、月並みな感想。
§
いや、いいのよ。テーマとか。メッセージとか。そんなのいらない。
§
宇宙戦艦もサイボーグも、全然かなわないよなー。かっこよくてたまんない。
ただ、作画がいいとか、緻密とかじゃなくて、演出のごく当たり前に感じてしまうほどの周到さにひたすら耽溺した次第。
§
どうでもいいけど、今回はリッちゃんがたんに好い人なんで、なんか違和感があるけど…つまり、酷い目にあうのは、シンジだけでいいってことなんだろうなあ。
ほかのひとが分け持ってた業を碇親子ふたりだけで全部。コレでドラマはスッキリ。ゼーレのみんなもおとなしくダマされてるし。カヲルくんも、今回は考えてることがなんかわかったというか、すこし後悔してるのが可愛い?
なんというか、全体がなんとなやさしくは、あるな。
§
対してマリのヒドい行動がなかなかグッと(笑)
自分はとにかく安全圏にいるっていうあのスタンスがもう。コネメガネっていうか、イケズメガネ。
ちょっとケンスケの役割を食っちゃってるけどね。
あの子はじつは目的がはっきりしないんだよな。
§
ヱヴァマーク8とか新型も案外気に入った。じつは旧作でウナギゲリオンだけは思い入れがあったんだけど、あれならいいよね。
§
とはいえ次回予告のラストこそ一番衝撃だったかもしれん。
「シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||」って、おい、なんだその、繰り返し記号??
どゆこと?どういうこと!?
そして、このもやもやは、何年後に解消されるんだろう、と、それが最大の不安…

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック