感想「シン・ゴジラ」

二年ぶりくらい?ネタバレ感想を書きたくなったよ。 § 実際問題として、驚くほどゴジラみてないおっさんなので、そのつもりで。 ビデオ、テレビ放映含めて、ゴジラがらみというと ゴジラ 空の大怪獣ラドン モスラ対ゴジラ(のび太の恐竜併映版) 三大怪獣地球最大の決戦 ゴジラ対メカゴジラ メカゴジラの逆襲 ゴジラ(1984) ゴジラVSキングギドラ ゴジラVSモスラ ゴジラVSメ…

続きを読む

感想:宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

例によってネタバレあり、敬称略で感想。 § 全体に、テレビ本編から、さらに手慣れてきたというか、かなり満足度高いんじゃないかな。 ドラマの配分的には、文句なしというか。 結局、無印ヤマトのリメイクだからいろいろ言われるけれど、さらば以降のリメイクなら、誰もが手放しで褒めるようになりそうな。 § ではあるんだけれど、えー、また、精神攻撃かよ、とか、ちょいとげんなりしたのも本当。まあ、新…

続きを読む

感想:インターステラー

ネタバレ感想書きたかったので、久しぶりにブログ更新。 いつものように敬称略。 § でまあ、古い古いSFだよね。 レムをハリウッド映画にした感じ? 画面のディティールが今風な分、際立って古い。 ワームホールの向こうに行ってからの行き当たりばったりぶりとか。パシフィックリムかよ、っていう。しかもあれは、意識的にやってるだろうに。 でもさ、こういうの、観たことはなかったのよ。びっくりするほ…

続きを読む

感想:劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語

観てきたよ、まどマギ新編。 例によって(って久しぶりすぎだが)ネタバレあり!敬称略で感想。 § でまあ、初日の夕飯時の回で観てきたんだけど、いやあ、福岡市&周辺で(久留米でも北九州でも公開されてるからね?)こんなにオタクがおるんだなあと、大変心強くなった。 もっとどうどうと生きてていいんだな、僕は。 ウェヒヒ。 § でまあ、最初に言いたいんだけど、これは、まどかマギカじゃないよね。…

続きを読む

感想:宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」

ヤマト第四章、めずらしく初日にみてきたんだけど、感想がまだだった。 いつものように、敬称略、ネタバレありで。 § でまあ、あれだねえ、2199って…なんというか、ほんとに、2201はもちろん、いっそ復活編までつくっちゃおうか、っていう感じなんだねえ。 どうも、最初のヤマトのリメイクというよりは、あらゆるヤマトを模様替えしようとしてるんじゃないかと。 そういう意味では、Ζの新訳からヱヴァ…

続きを読む

感想:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

みてきたヱヴァQ。 例によって、ネタバレあり、敬称略で感想。 § でまあ、いきなりヱヴァQの感想書くと、ネタバレ踏む人がまんいちいちゃいかんので『巨神兵東京に現る』の感想から。 正直、細かい違いとか全然気がつかなくて、メイキング見たあとでは初めて見るので「ああ、ほんとだ、あの仕掛けだから、あんな風に崩れるんかー」とかそんなとこばっかり(笑) ただ、全体として、あれだなあ、やっぱり、東京…

続きを読む

感想:009 RE:CYBORG

009の新作映画を観てきたのでネタバレあり、敬称略にて感想。 § でまぁ、結局、次のうち、どれだったと思う?みんなはさぁ。 (1)モデリングだけ先行してサンジゲンに作ってもらって、出来たカットを脚本でつないでたら、どうやっても話に組み込めないようなシーンを作ってこられて、時間もないから苦し紛れにラストシーンに組み込んだ (2)本当は悲劇で終わるはずだったのに、スポンサーからハッピーエンド…

続きを読む

感想:宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」

宇宙戦艦ヤマト2199 第三章をみてきたので、例によって、ネタバレあり、敬称略にて感想。 § でまぁ、いきなり、なんだけどさ。 やっと、だよ。やっと、俺達の思いが届いたわけよ。 EDが「真っ赤なスカーフ」。コレだ! あれじゃないと、やっぱりダメ。というか、アレの名曲ッぷりを改めて痛感。 ともすれば、本編が頭の中でいきおい、美化されちゃうかもしれんが § 本編は、でも、これはヤマト…

続きを読む

感想:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語

一週間の御無沙汰でした。 劇場版まどマギ後編をみてきたので、ネタバレあり、敬称略で感想を。 § うーん。無理があるのは百も承知だが(商売にならない)これはやっぱり、一気見すべきなんだよなー。 むずかしかろうが。 § で、私って、本当バカ、からの話なんで、やっぱりグイグイ話が進むので、話はわかってるんだけど、やっぱり引き込まれるなぁ…今回、尺計算すると、ほとんどカットしてないはずだけど…

続きを読む

感想:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語

劇場版 まどマギ 前編みてきたので、れいによって、ネタバレあり、敬称略で感想 § でまぁ、あれだ、なめてたなぁ、スゴい入りだった(苦笑) いや、上映方式と連休ってこと考えると、あたりまえなんだけど、完全指定なのに行列ってナニ? …中州の大洋だったら絶対捌き切れない。 客層は男4対女1くらいで、エヴァとかマクロスFより若干、女子率高め? お母さん連れ女児がいて印象的。 …深夜アニメって…

続きを読む

感想:マルドゥック・スクランブル 排気

マルドゥック・スクランブル 排気を見てきたので、ネタバレあり、敬称略で感想。 § 「天地明察」効果もなく、片手で数えられる観客席の中に、なぜか、しばらく会わなかった知り合いがいたのはご愛嬌。ああ、アニメとかみる人だったのね… § で「燃焼」「圧縮」とみてきて。初めて「楽しかった」。 なんだろ、いきなり化けた感じがする。 いきなりアニメになったというか…。アクションはアクション、ストー…

続きを読む

感想:宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘

ネタバレありでヤマト2199第二章の感想。敬称略。 § なんか、OLさんぽいひとが観にきてて、妙に感心した。 それから…純度の高いおたくしか観にこない映画は、マナーが全体によいのも確認。 § でまぁ、館内の感想はどうでもいいか。 本編は…正直普通に考えてけなすようなものじゃなくて、これが「ヤマト」ということを考えなければ、じつは誰も文句いわないんじゃないかなぁ、という気はしてきた。 …

続きを読む

感想:宇宙兄弟(映画)

実写版の「宇宙兄弟」を観てきたんで、感想。ネタバレあり、敬称略はデフォ。 § でまぁ、よかった。すなおに。 あんまり期待してなかったんだけど、これは素直に褒めとかないとダメだと思う。 正直、原作よりいいので、原作ありの映画としては大成功。 § いや、まぁ、原作じゃ、まだまだとてもやることはできない(連載終わっちゃう)兄弟揃って月面へ、をやってよかったりするし、原作の美味しいところをつ…

続きを読む

感想:マルドゥック・スクランブル 燃焼(劇場版)

ということで、ようやく観てきた、マルドゥック・スクランブル 燃焼。 例によってネタバレあり、敬称略で感想。 § 観客の入りは、まあ、あんなもんでしょう。一桁。みんなおたくで、みんないい。 § でまあ、あれだなあ、正直、よくちゃんとアニメ映画にしたなあ、と。それはまず、褒めないと。 前半の「楽園」の描写も悪くなかった(前回同様、外連味が足らない気がするが)けれど、なんといっても、後半の…

続きを読む

感想:シリンダー世界111

アダム=トロイ・カストロの話題の(?)長編『シリンダー世界111』ハヤカワ文庫SF。 S-Fマガジンの紹介とか帯の紹介文よんで、ワクワクしてしまったのでついに買って読んでしまったのだが……。 いや、面白かった。面白かったんだが。 以下ネタばれ § おもしろかったんだけどさあ、むかし『サンダイバー』を初めて読んだときにも思ったんだが、コレだけ大掛かりな舞台を用意して、結局密室劇といっても…

続きを読む

感想:SPACE BATTLESHIP ヤマト

ゆうことで観て来たヤマト。大急ぎで感想書いて風呂入って寝る もちろん、ネタバレあり、敬称略。 § とりあえず、客層がものすごく一般層だったのでびっくり。復活篇とはえらい違いだなあ……スターウォーズとかインディジョーンズとか観に来る層よりさらにフツー? カップル多かった。 § でまあ、ザックバランにいって、よかったんじゃねえかなあ?あまりにヒドいのを予想しすぎてたのかもしれないけれど。 …

続きを読む

感想:マルドゥックスクランブル 圧縮

つうことで初日深夜回でみてきたよ、マルドゥックスクランブル 圧縮。 もちろん、敬称略、ネタバレありで感想を。 § 原作一巻で1本の映画、ということで、上映時間が極端に短いのが特徴? もともとの企画は、以前、GONZOが作ろうとしてポシャった時のOVAそのままなのか? でまあ、短すぎるなあ、と思いながら観てはいたものの、テンポが良くて、集中力が全く途切れる暇もなく、途中で席を立つヒトも(…

続きを読む

感想:メイド・ロード・リロード

表紙買いしたヒトはおそらく憤慨しているであろう北野勇作の新著『メイド・ロード・リロード』。完璧にサギだよね(笑) もうなんかこう、おもいっきりメタな本で読んでて何度も「ああ……つらいのね」とか。 いや、面白かったというかたのしかったけどね。いつも通りの北野勇作作品。とりあえず旅にでたくなるという(笑) というか、あるいみどれをよんでもおなじモチーフといえなくもない……のかとおもってたんだけ…

続きを読む

感想:さよならペンギン

大西科学の『さよならペンギン』。 いやまあ、楽しく読んだんだけど……これはまた、なんというかラノベだなあ……。 "量子ペンギンSF"っていう帯のコピーにやられてかったんだけど、ああ……SFとしてはこなれきれてない?このネタとこのプロットだとなんかオカルトでしかない印象。 つうか、そこで変なみんなの知ってるファンタジーとか伝承とか持ち出すからいかんのじゃないかとか何とか。 うーん。 いや…

続きを読む

感想:星の舞台からみてる

早川文庫『星の舞台からみてる』、なかなかたのしかったよ。 ラノベ(ライトノベル)作家が書く本格SF3連続刊行とか、そんな企画らしい……つうか、作者がフツーに博士号持ってるエンジニアだったりするあたりに「ああ、日本のSFシーンはかわったなあ」というか置いてけぼりになってた(笑) 野尻抱介はじめ(はじめ?)ラノベ出身の本格SF作家さんがふえてきたのは、ラノベがポルノ小説並みに何書いてもいい、良い…

続きを読む

観たり読んだり

<黒体と量子猫> 軽い目の科学史読み物なんだけど、掲載誌が学会誌ってところが味噌で、科学的に正確な記述と誰でも知ってるマクラの共存ってのが売り。 で、実は意外に珍しい、科学/技術史をホントに年代順に記述してある本なので(通常は、関連トピックをまとめて記述する関係で時代が前後する本が多い印象がある)、異なる分野では進歩のペース……というか、二十一世紀現在の「常識」に至るまで年月がまるで違うのが…

続きを読む

観たり読んだり

<DARKER THAN BLACK ~黒の契約者~> 課長の過去編?リー君と課長の接触編でもあるわけだけど、サイトウ、いいやつだなおまえって言うのに終始するよなあ。 課長がみんなから慕われてるって言う、まあ言っちゃえばそれだけの話なんだけど、いいよね、ほろっと。泣かせる話とコメディとスプラッタの案配がいいのだ。どれもくどくならない。つらくならない。 でもってリー君が、めずらしく「俺の方が…

続きを読む

いまだいまこそ

ゴツボ・マサル/佐藤大版「ライオン丸G」がなんだかお気に入り。 なんかね。女の子が可愛いからってだけかも。 ☆ ………少しイメチェンするかのお。なんか喧嘩が弱そうに見せたい(ホントに弱いが)。 カタチからね。なんでも。 ☆ あとたのしそうにしよう。 たのしくないから。 ☆ 「マルドゥック・ベロシティ」を先週は読んでたんだけどね。 小説としての完成度は「マルドゥック・スクランブ…

続きを読む

観たり読んだり

久しぶりに適当感想。 <ゲキレンジャー> ……主役3人が相変わらずなのは放っといて、メレ様いいな。 あと、黄色のスーツアクターのヒトは、ああ、もしかして、一年かけて(?)段々うまくなる表現なのか?!ダイレンジャーはいきなり達人だったけど、ゲキレンジャーはまだヒヨッコなんだっけ。 ゲキエレファントは玩具の合体としていいんじゃないかと。やっと単なるブロックから脱却できたか。 ボウケンジャー…

続きを読む

サイエンス・フィクション

青春☆金属バットがみたい……。 なんか見たい映画たまってるなあ。全然観に行かないけど。 ウルトラマンメビウスだけは観ときたいかな(オタクだからね!) ☆ というか、公式サイトのトレーラーをみて、ますますわかったのだが、ボクはもう、SFにしか興味が無いのです。 って、まあ、全然、SFじゃないんだけど、なんというのかな、わかるんだよ。 「センス・オブ・ワンダー」ってやつがさ。なんなのか。…

続きを読む

SFぐでんぐでん

『火星縦断』読了。 キャラクターの設計が、なんぼなんでもケレンすぎねえか?というのがズッと気になったんだけど、SFとしてのギミックがあまりにもしっかりしてるもんで、押し切られちゃった。 ブンガクではないかもしれないけれど、SF本流ってのはこうじゃないとねえ。 ☆ スワンスウィックの『グリフォンの卵』みたいにテンポラリイというかある意味オシャレなSF(テッド・チャンとかね)も大好きですが、…

続きを読む

267904176383054

グレッグ・イーガンの『ディアスポラ』をようやく読了。 実は発売されて割とすぐに読み出したのだけれど(10月頃?)第1部冒頭のあまりの難渋さに、一度挫折。いろいろあって、日曜日の晩から読み出して、木曜日の晩に読了しました。 ☆ 正直にいいますが、全部わかったとか云う気は毛頭ないです。 というか、ストーリーはちゃんとわかるようにつくってあるんですが(イーガンすごい)、プロットと密接に結びつい…

続きを読む

憧憬

今年の日本SF大賞は飛浩隆先生……。 知ってるよね? 知らない? 『題名募集中』ってしってる?SF作家が回り持ちで近況のエッセイを書くコーナーでね、そこで飛先生の番になったときに……そのときに…… ☆ すいません。 飛浩隆先生は二十年ほど前、SFマガジンがプッシュしていたSF作家さんで、玄人受けは良かったのですが、短編作家だったのもあって……ついに…一時筆を置いて……スーパーマーケッ…

続きを読む

あの頃は

宇宙家族カールビンソンが文庫落ちしていたので、衝動買い。 今はなき月刊少年キャプテンの看板マンガだった(『強殖装甲ガイバー』を除けばの話だね(苦笑)。しかし『逆境ナイン』とか『ゲッターロボ号虎』とか思えばキャプテンはホントに話題作がいっぱいあった印象が……休刊したのが徳間書店が完全に行き詰まって銀行から事業を整理させられる前だったのが不思議なくらいだなあ)カールビンソンなのだけれど、考えてみれ…

続きを読む

大元帥

というわけで、イベントから帰ってきました。 ……ちょっと遠かったね(苦笑 ☆ 友人の好意で整理券を用意してもらった野田昌宏先生の講演会だったのですが、まあ、講演会というよりSFをサカナに大元帥(野田先生の愛称)がダベるのをケラケラ笑いながら聴いてる会ですな。肩の凝らない、ああおかしかった……といって笑って帰れるいい講演会でした。 お題は持論の「SFってのは絵だねぇ」って話だったんですが、…

続きを読む